最後なんてあっけないものです。

ローランドゴリラさんで行われたライブの帰り、別れ際に相方が僕に言いました。
「んじゃ。よいお年を」
あれ、もうそんな時期?はやいのねずいぶん。
どうやらこの日、12月12日が我々theの仕事納め、もといライブ納めだったようです。

思い返せば色々あった一年でした、結構濃い目だったと個人的には思うんです。
強風の中ライブやろうとして機材ぶっ倒れたり。
はじめて東京で演奏させていただいたり。
憧れのアーティストさんたちと同じイベントに出演できたり。
道内の活動域も拡大しました(函館とか、北見とか)。
2年前の自分と比べると、自分の音楽に対する姿勢もこの一年でだいぶ変わった気がします。

だからこそなのでしょうか、シメはなんだかあっさり目。
アレだろお前、シメパフェってやつだろこれが。
流行ってるんだってな、ジンギスカン浴びるように食った後の脂ぎっとぎとの胃にサッパリとパフェでシメる。
シメパフェ。こないだすすきので看板見たわ。ナチュラルに高ぇ。シメるのは財布の紐だけにしてくれっつってな。黙れ。あとパフェ関係ねぇ。

最後なんてあっけないものです。
いくら悩んでいらいらして、苦しんでも。楽しいことばかりならなおさら。
だけど、だからこそ、サッパリと過ぎていった日々に心からの愛と感謝を(美しきシメ)。

Shiro